30歳 化粧水

乾燥・シワ・シミ…肌に変化が現れた30歳におすすめの化粧水5選

30歳,化粧水,どれが良い?

 

30歳前後になって、これまで気づかなかったシミや小じわを発見したり、乾燥するようになったりと、なんらかの肌の変化を感じ始めていませんか?

 

これは、年齢を重ねるごとに肌の潤いや弾力を保つ成分が減少するためで、誰もが通る道です。だからと言って、ここで諦めるのはもったいない..!

 

30歳頃は仕事やプライベートも充実し、ある程度の人生経験も積んで内面からの自信に満ちた年代。女性としての輝きが増して魅力に溢れています。

 

今までのスキンケアを見直し、肌にも自信を持って益々磨きをかけていきましょう!

 

30歳におすすめの化粧水
ブランド 特徴 詳細
@米肌肌潤化粧水/コーセー 乾燥、小じわ、毛穴の悩みに。年齢と伴に落ちる水分保持能を改善するコスメ 米肌,化粧水,30代
詳細をみる
Aモイストアップローション/オルビスユー 小じわ、たるみ、くすみ・・・一気に老けを感じた人にヒートショックプロテインがあらゆる悩みに働く オルビスユー,化粧水,30代
詳細をみる
Bアヤナスローションコンセントレート/ディセンシア ひどい乾燥肌で同年代より老けてみえる人に アヤナス,化粧水,30代
詳細をみる

30歳におすすめの化粧水をもっと詳しくみる>>

 

 

 

30歳前後でエイジングケアに取り組むなら、化粧水を変えることから始めるのがおすすめ。

というのも、急激に肌が衰えるわけではないので化粧水だけでも改善することができるんです。


今回は、30歳前後に現れる肌悩みに合った化粧水の選び方やおすすめ品、これから始めたいスキンケアのポイントを紹介します。

 

 

《なぜ化粧水を変える必要がある?》20代と30代の肌はここが違う!

30歳頃になって肌の変化を感じるようになるのは、内部で次のようなことが起きているからです。

 

@セラミドなどの保湿成分が減少→シワ、毛穴、肌荒れ、ニキビに
Aターンオーバーが長くなる→シミ、くすみに
Bコラーゲンなどの弾力を与える成分が減少→たるみに

 

@セラミドなどの保湿成分が減少→シワ、毛穴、肌荒れ、ニキビに

肌は一番上から表皮、真皮、皮下組織の順で出来上がっています。

 

さらに、表皮にも4つの層があり、一番上にあって外部と接触しているのが角質層です。ここが肌の潤いを担う重要な部分。

 

主に皮脂膜、天然保湿因子、細胞間脂質の保湿成分が存在し、それぞれ次のような役割をしています。

肌の潤いを守る3つの成分と役割

  • 皮脂膜:皮脂と汗が組み合わさった油分で、肌表面を覆い、角質層の水分の蒸散を防ぐ。
  • 天然保湿因子:アミノ酸やミネラルなどが組み合わさったもので、角質層の細胞内に存在し、水分を抱え込む。
  • 細胞間脂質:セラミドが主な成分で、角質層の細胞同士の隙間を埋めるように存在し、水分を挟み込んで潤いを保つ他、外部刺激から肌を守る。

30歳前後になると、これらの保湿成分が徐々に減少し始めることで乾燥が進んで小じわができたり、たるんで毛穴の開きが目立つようになります。

 

また、潤いが不足すると外部刺激から肌を守るバリア機能も低下するため、敏感肌に傾きやすく、ニキビなどの肌トラブルが現れることもあります。

 

Aターンオーバーが長くなる→シミ、くすみに

表皮には肌が生まれ変わるターンオーバーというサイクルがあります。

 

一番下の層から細胞が徐々に上へと押し上げられて角質層での役割を果たした後、垢となって剥がれ落ちる流れを繰り返し、健康な肌は保たれています。

 

20代では約28日周期だったのが30代では約40日周期へと、年齢と共に徐々に遅くなることがほとんど。

 

シミが増えたとか、くすんできたと感じるのもターンオーバーの乱れが原因の一つで、剥がれるはずの垢が肌表面に残っているからです。

 

また、遅くなればなるほど、古い角質が蓄積して毛穴がつまり、ニキビもできやすくなります。

 

Bコラーゲンなどの弾力を与える成分が減少→たるみに

肌組織の中で大部分を占めるのが真皮で、コラーゲンを主体にヒアルロン酸やエラスチンなどが存在し、肌に弾力を与えてくれています。

 

これらは線維芽細胞が生成していて、年齢と共に衰えて作り出す量が減ってしまうのが現実です。

 

また、コラーゲンは線維芽細胞によって生成されるだけでなく、分解もされていて、年齢が上がるほど分解される量の方が多くなってしまい、肌の弾力が失われてきます。

 

20代ではピーンと張っていた肌が、30代ではハリが少しずつ低下し、たるむことでほうれい線がうっすらと現れてくるんですね。

 

ただ、真皮の衰えが深刻化するのは40代なので、30歳前後でそこまで心配する必要はなく、今から予防すれば十分間に合います。

 

いくつ当てはまる?30歳前後に現れる肌悩み

30歳頃に起こる肌の変化により、色々な肌悩みが出てきます。次の項目に一つでも当てはまることがあれば、早速エイジングケアを始めましょう。

 

  • 肌が乾燥するようになってきた
  • 肌表面がごわついてメイクのノリが悪い
  • ニキビができるとなかなか治らない
  • ほうれい線がうっすら現れている
  • 開いた毛穴や小じわにファンデーションが入り込む
  • 顔色がくすんで暗く見える
  • うっすらとしたシミが増えたような気がする
  • メイクの崩れがはやくなった

 

ただ、30歳前後は肌の衰えはじめの入り口にさしかかる年齢で、肌悩みはそこまで深刻化していません。

 

 

高価な美容液にいきなり手を出さなくても、化粧水を変えるだけで肌悩みを改善に導けますし、初期の段階でケアを始めれば加速するエイジングにブレーキをかけることもできます。

早いうちにケアを始めて、進行を予防していくことが大切です!


これまでは乾燥とは無縁で化粧水を使わなかった方も、紹介した肌悩みに当てはまる方は、エイジングケアできる化粧水に変えてみてくださいね。

 

肌悩み別・30歳からの化粧水の選び方

乾燥・シワ・シミ…肌に変化が現れた30歳におすすめの化粧水5選

30歳頃の肌悩みは、乾燥によって現れるものがほとんどなので保湿は大前提。加えて、より自分の肌悩みに合った成分配合の化粧水を選ぶことが改善への近道です。

 

【全肌悩みに共通】角質層を潤す保湿成分配合の化粧水

20代の頃は、保湿と言えば「ヒアルロン酸」という感覚で、有名な成分をとりあえずつけていたという方もいるのではないでしょうか?

 

確かに、1gで6Lもの水分を抱え込むことができ、優れた成分であることは間違いありません。

 

でも、30歳頃になれば、もうワンランク上の保湿を心がけていきたいところ。

 

肌悩みの多くは角質層の潤い不足によるものなので、減少したセラミドなどの成分を補う化粧水を選んでいきましょう。

 

また、セラミドを配合していなくても、産出を促す成分を配合している化粧水なら、肌の水分量が増えて健康な肌機能を維持することができます。

 

セラミド単体よりも、ヒアルロン酸など複数補った方が潤いは増すので、たっぷりの保湿成分配合の化粧水がおすすめです。

 

角質層が水分で満たされていれば、乾燥に悩まされることもなければバリア機能が低下することもなく、ニキビなどの肌トラブルも現れません。

 

シミや小じわなどあらゆる肌悩みを改善していくためにも保湿は欠かせないので、30歳からの化粧水選びの基本は角質層の潤いと覚えておいてくださいね。

 

【シミ・くすみ】保湿+美白成分配合の化粧水

シミやくすみは、ターンオーバーを整えて不要な角質が溜まらないようにし、排出を促していく必要があります。

 

ここでも、保湿成分配合の化粧水の出番なのですが、これだけで美白を目指すのはちょっと不十分。

 

というのも、そもそも保湿成分はあくまでも肌を潤すことで、美白作用はありません

 

シミやくすみが気になる場合は、保湿成分と一緒にトラネキサム酸やアルブチン、ビタミンC誘導体など美白成分も配合された化粧水を選びましょう。

 

美白成分は種類が豊富で迷うところですが、多くはシミができるまでの段階でメラニンの生成を抑えるものなので、どれを選んでも予防効果は得られます。

 

【たるみ・シワ】保湿+コラーゲン生成を促進する化粧水

30歳前後で現れるたるみや小じわの原因は、ほとんどが乾燥によるものなので、保湿をしっかり行えば改善や予防は期待できます。

 

でも、これから年齢を重ねれば、真皮の衰えも進んでほうれい線などのシワが深くなる可能性もあり、そうなると保湿だけでは太刀打ちできない状況になってきます。

 

そこで、おすすめなのが保湿成分とコラーゲンの生成をサポートする成分が一緒になった化粧水です。

 

コラーゲンは、それ自体を化粧水で補っても保湿成分としての役目がほとんどで、肌の弾力アップには直接的な効果があまり期待できません。

 

ポイントは、コラーゲンを増やす線維芽細胞を活性化すること。

 

有名な成分にはレチノールやプラセンタなどがあり、各ブランドによってはオリジナル成分の中に効果を発揮してくれるものがあります。

 

 

30歳から使いたいおすすめの化粧水5選

米肌肌潤化粧水/コーセー

米肌,化粧水,30代

ポイント
  • 医薬部外品に認められたライスパワーNo11がセラミドを産出
  • 天然保湿因子など充実した保湿成分が潤いとバリア機能をアップ!肌機能が正常に
  • 「and GIRL」や「Ane Can」など多数の女性ファッション誌で紹介

乾燥、小じわ、毛穴、シミ、くすみ、大人ニキビに!

30歳前後では、セラミドなどの潤い成分が減少するため乾燥し、毛穴の開きや小じわも目立ち始めます。改善するにはセラミドを不足させず、肌の水分量をキープすることがポイント。

 

米肌肌潤化粧水は、日本で唯一、肌の水分保持機能を改善する成分として医薬部外品に認められたライスパワーNo11を配合した化粧水です。

 

セラミドを産出する働きがあり、肌内部の水分量を増やしてくれます。

 

他にも天然保湿因子や発酵エキスなどの保湿成分が配合されており、角質を柔らかくするために配合されたオイルが浸透を促してくれるので、潤いがしっかり届いてみずみずしい肌に。

 

保湿成分を補いながらも自ら潤う肌になることで、健康な肌機能を保つことができます。

 

乾燥はもちろん、小じわや開き毛穴、ターンオーバーが整うことでシミやくすみの改善にも効果あり!

 

また、セラミドが増えるとバリア機能も高まるため、肌トラブル防止にもなりますよ。

 

口コミ

化粧水の浸透力がとても高く、今までの化粧水では全然潤っていなかったことがわかりました。しっとりモチモチでハリが出ます。(32歳/乾燥肌)

頬はカサカサなのに鼻はてかる肌で、鼻の黒ずみと開きが汚かったのですが、米肌を使っていたらとても綺麗になりました。(31歳/混合肌)

 

乾燥・シワ・シミ…肌に変化が現れた30歳におすすめの化粧水5選

 

モイストアップローション/オルビスユー

オルビスユー,化粧水,30代

ポイント
  • インナー酵素を活性化するHSPによってあらゆる肌悩みを改善
  • オリジナル高保湿成分が角質層をしっかり潤す
  • 少量でも伸びが良いのでコスパ良好

小じわ、たるみ、毛穴、シミ、くすみ、ごわつきに!

肌の変化は気づかないうちに進んでいることが多く、発見した日には乾燥、くすみ、小じわなどあらゆる悩みが一気に押し寄せてきたように感じませんか?

 

一体、どのケアから始めれば良いのか迷う方も多いと思います。

 

気になる部分がいくつもある場合、その度に化粧水を変えることは大変で、できれば1本で何役もしてくれるものが良いですよね。

 

そんな願いを叶えてくれるのが、HSP(ヒートショックプロテイン)を配合したオルビスユーのモイストアップローションです。

 

HSPは紫外線から防御したり、ターンオーバーを正常に整えたりと、美肌に欠かせないインナー酵素を修復する働きがあります。

 

水環境の中で活性化するため、化粧水に配合することで十分な効果を発揮することができるんです。

 

モイストアップローションは、潤いやハリ、透明感など美肌に関わる6つのインナー酵素を活性化するHSPを配合

 

ダメージ部分に合わせたケアを化粧水がしてくれるので、あれこれ化粧水を変える必要はありません。

 

1本で複数の悩みを改善してくれるので、くすみやごわつき、開き毛穴など乾燥による肌悩みがいくつも増えた方におすすめです。

 

HPSも保湿力は高いですが、さらに低分子ヒアルロン酸や独自の高保湿成分も加わり、もっちりと柔らかな肌を実感できますよ。

 

少量でも伸びが良く、浸透力も高いのでべたつきもありません。

 

口コミ

20代後半から、くすみは小じわが気になる肌になってしまいました。悩みが多くてコレという化粧水を決められなかったのですが、オルビスユーは肌の不調な部分にアプローチしてくれるので、あらゆるアンチエイジングに使えるのが良いです。UV付きの乳液と一緒に使っていますが、肌が明るく元気に感じます。(30歳/乾燥肌)

オルビスの中ではワンランク上。でもこの機能で考えたら、デパコスより断然お得だと思います。肌が白くなった?といわれるようになりました。(35歳/混合肌)

 

 

アヤナスローションコンセントレート/ディセンシア

アヤナス,化粧水,30代

ポイント
  • ポーラ・オルビスグループの敏感肌専用ブランドでエイジングケアもできる
  • 線維芽細胞を活性化するオリジナル成分でシワに効果あり!
  • ベストコスメ賞6冠達成!美容雑誌「美的」や「MAQUIA」などにも掲載

敏感肌、ひどい乾燥、シワ、たるみ、毛穴に!

敏感肌だと、20代の頃は何とか克服しようと肌荒れケアに注力した方も多いと思います。

 

でも、30歳前後になって肌荒れと同時にたるみやシワなど、別の肌悩みも出てくると、どんな化粧水を使えば良いのか迷うことはありませんか?

 

敏感肌はバリア機能が低下しているため外部刺激を受けやすく、シワやシミといった肌悩みが他の肌質の方と比べると現れやすいんです。

 

でも、普通のエイジングケア化粧水はしみることもあるため、敏感肌に特化したものがおすすめ。

 

アヤナスローションコンセントレートなら、敏感肌ケアとエイジングケアが同時にできますよ。

 

セラミドの中でも人の肌に馴染みの良いヒト型セラミドをナノ化しているので、潤い成分がしっかり浸透。

 

そして、皮脂との馴染みの良い高浸透グリセリンが水分の蒸散を防いでくれるので、バリア機能がアップして外部刺激から肌を守ってくれます。

 

また、肌荒れケア成分も配合されており、敏感肌対策はバッチリです!

 

30歳頃は魅力が増す一方で、仕事や家庭などでストレスを抱えやすい年齢でもありますよね。ストレスはバリア機能の低下を引き起し、その結果さらにエイジングが進んでしまうことも。

 

アヤナスローションコンセントレートでは、オリジナル成分がストレスに負けない肌になるよう強化してくれます。

 

そして、独自成分のCVアルギネートが線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの減少を防いでくれるのでエイジングケアもしっかりできますよ。

 

敏感肌でシワの改善やハリ感アップをしたい方におすすめです。

 

口コミ

昔からひどい乾燥敏感肌で、同年代より老けてみえていました。20代のうちからほうれい線がはっきりあったんです。でも、アヤナスで明らかに肌がツルンとしてきました。頬のたるみ毛穴まで目立たなくなっていい感じです。(34歳/乾燥敏感肌)

ストレスで何を使ってもヒリヒリしていたので、エイジングケアなんて出来る状態ではなかったのですが、アヤナス化粧水は使えました。コラーゲンを作るらしく、肌がぷるぷるハリが出てきた位。もう3年近くリピートしています。(33歳/乾燥肌)

 

乾燥・シワ・シミ…肌に変化が現れた30歳におすすめの化粧水5選

 

ブライトエイジリフトホワイトローション/第一三共ヘルスケア

ブライトエイジ,化粧水,30代

ポイント
  • 美白成分で有名なトラネキサム酸を開発した第一三共ヘルスケアの化粧水
  • タレントの渡辺美奈代さんや橋本マナミさんも愛用!

シミ、くすみ、乾燥、たるみに!

30歳前後になると、肌が少しずつ変化してくるために悩みが増えてくるわけですが、全てが年齢によるものではありません。

 

生活習慣や洗顔のやり方など何気ない行動によって、内部で微量な炎症が起き、その積み重ねが肌悩みの原因になっていることもあります。

 

気をつけているつもりでも、習慣や癖はなかなか抜けないもので、全てを改善することは難しいですよね。

 

でも、小さな炎症であってもこれ以上は溜めたくない!というのが本音ではないでしょうか?

 

そこでおすすめなのが、炎症を抑えながらエイジングケアができるブライトエイジリフトホワイトローションです。

 

美白成分で有名なトラネキサム酸は、第一三共ヘルスが開発したもので本家本元の成分。ブライトエイジリフトホワイトローションには有効成分として配合されています。

 

実は、トラネキサム酸には炎症を抑える働きもあり、肌荒れ防止と美白ケアの両方ができるんです。

 

でも、ここで終わらないのが、ブライトエイジリフトホワイトローションのすごいところ。

 

セラミドや天然保湿因子などの保湿成分や、コラーゲンなどの肌に弾力を与えてくれる成分は全てナノ化して配合されていて、シミの改善・保湿・ハリアップを叶えてくれるんです。

 

化粧水の要でもある水は、美容成分が溶け込みやすい純度の高い超純水。

 

各成分は肌内部まで浸透してから効果を発揮してくれるので、ふっくらと透明感のある肌を実感することができます。

 

口コミ

SNSで話題になっていたので、すごく欲しかったのに欠品続き。ようやく買えました!潤いと透明感が、今まで使ってきた化粧水と全く違います!夏を迎えても肌の色が濃くならなくなったのは初めて!(35歳/乾燥肌)

 

 

クラリファイング・トナー/オラクル

オラクル,化粧水,30代

ポイント
  • 「VERY」や「CLASSY」など多数の女性ファッション誌で紹介!バーニーズニューヨークでも取り扱われるほど
  • 有機JAS認証を取得した自家農園の植物成分がたるみ毛穴を改善

乾燥、毛穴に!

20代の頃の毛穴の悩みと言えば黒ずみだったはずが、30歳頃になって毛穴の開きに変ってきていませんか?

 

特に頬の毛穴は、時間が経つとファンデーションが入り込んで目立ちますよね。これも乾燥による肌の水分の減少とたるみが関係しています。

 

保湿だけでも効果はありますが、毛穴を集中ケアをしたいなら肌のハリ感アップや引き締めも同時にできるオラクルのクラリファイング・トナーがおすすめです。

 

有機JAS認証を取得した自社農園で育てた植物のうち、保湿や引き締め、肌に弾力を与える成分を選りすぐってブレンドした化粧水で、毛穴の開きが気になる方にはぴったり

 

肌荒れ防止も配合されているので、肌が敏感に傾きやすい方にもおすすめです。

 

トロッとした濃密なテクスチャーで、手の平の吸い付きを実感できるほどしっとりとし、肌のキメが整って毛穴が目立たなくなってきますよ。

 

ダマスクスバラをメインに多数の植物を配合した化粧水は、フローラル系の香りで癒されながらスキンケアできます。

 

口コミ

植物の力で肌の内側から綺麗になるというコンセプトに惹かれました。肌を甘やかす感じではないのですが、しばらく使い続けると、化粧水だけでもかなり潤います。肌が丈夫になったのか、毛穴が目立たなくなりました。(30歳/混合肌)

 

乾燥・シワ・シミ…肌に変化が現れた30歳におすすめの化粧水5選

 

30歳からのスキンケアポイント3つ

30歳前後から始めるエイジングケアは、化粧水を変えることからがスタートですが、これだけではちょっと不十分です。

 

というのも、化粧水だけでスキンケアは完了できませんし、今以上に肌悩みを増やさないよう積極的なケアをしないと年齢肌には打ち勝てないからです。

 

30歳からのエイジングケアでは、次の3つのことも意識したスキンケアを心がけていきましょう。

1:化粧水だけの保湿に頼らない

角質層の主な成分の役割でもお伝えしたように、水分を保つためには油分も必要です。セラミドなどが蒸散しないのも、表面を皮脂膜が覆っているおかげでしたよね。

 

化粧水の役目は、肌に水分を与えて土台を整えることがメインであり、油分が含まれていたとしても効果としては弱め。

 

せっかくエイジングケア向けの化粧水に変えたのに、水分が蒸散してしまっては、再び乾燥に陥って肌悩みを深刻化させてしまいます。

 

化粧水を使った後は、水分やエイジングケア成分を逃さないよう、乳液などの油分も補いましょう

 

ニキビができやすい方の場合、悪化すると不安になるかもしれませんが、乳液に含まれる油分は少ないのでつけすぎなければ大丈夫ですよ。

 

反対に、乾燥が気になる方は、乳液の後にクリームなどを追加して丁度良い潤い加減を調整してみてください。

2:紫外線対策で肌を守る

肌老化を進め、悩みを増やす大きな原因の一つが紫外線で、一年を通して天候に関係なく降り注いでいます。

 

紫外線を浴びると、外部刺激から身を守ろうとする肌は角質層を厚くさせ、一方でごわついた層の中は水分不足でスカスカな状態です。

 

そうすると、乾燥肌へとまっしぐらに進み、肌荒れやニキビ、小じわの原因になります。

 

また、紫外線のダメージでメラニンは生成されるのに、バリア機能が低下しているためターンオーバーが正常に機能せず、シミは残ったまま。

 

それだけでなく、波長の長い紫外線は真皮にもダメージを与え、コラーゲンなどを破壊して肌の弾力を低下させてしまうんです。

 

微量であっても紫外線の影響は蓄積されるため、季節や室内外問わず日焼け止めなどを活用して対策をするようにしましょう。

角質ケアでターンオーバーを正常に保つ

30歳前後ではターンオーバーの周期が長くなり、角質が蓄積されて肌がごわついてきます。

 

すると、どんなに良い化粧水を使っても浸透が悪くなってしまい、せっかくの効果も得られません。

 

これではもったいないので、ターンオーバーを整えるために定期的な角質ケアをしていきましょう。

 

代表的なケアで言えば、ピーリングがあり、最近ではわざわざエステなどに通わなくても洗顔やジェルなど、自宅で簡単に使えるアイテムがたくさんあるので活用してみてください。

 

おすすめは、AHAとBHAの2種類のピーリング成分が入ったノブACアクティブウォッシングフォームです。 

 

ノブAC,化粧水,30代

 

ノブ公式サイト→

 

ピーリング効果は抜群なのに刺激感はなく、潤いも残してくれる洗顔料で、私は使ってから古い角質がボロボロ取れてきました!

 

30歳前後で肌の変化が気になり始めた方は、エイジングケア化粧水の効果を活かすスキンケアも一緒に行ってくださいね。

 

♪30歳から使いたい《おすすめの化粧水》5選♪へ戻る>>

page top