乾燥 毛穴

乾燥が毛穴の原因に!肌の弾力を取り戻す3つの保湿化粧品

乾燥が進むと肌が水分不足になりハリが失われ、毛穴のたるみが目立ちます(たるみ毛穴)。さらに加齢とともに肌の弾力がなくなり、毛穴がどんどん伸びて見えるように(帯状毛穴)こういった、たるみ毛穴や帯状毛穴の改善には、以下の機能を持つコスメがおすすめです。
  • たっぷりと肌に水分を補給
  • 与えられた水分を長時間保水
  • 肌の奥にアプローチし、内側からハリを生み出せるように導く
保湿化粧品は色々とありますが、肌奥にまでアプローチ出来るおすすめ毛穴対策化粧品は次の3つになります。

▼続きを見る

ファンデーションでカバーできない毛穴に悩んでいる方は是非参考にしてみてください。毛穴のたるみ、ゆるみが目立つ方は実は顔全体がたるんでいる事がほとんど。肌にハリが出る保湿化粧品を使うと、毛穴だけでなく顔全体もキュっとしまって、見た目の印象が変わってきます


肌がしっとりしてうるおいが長く続く保湿用化粧品
コーセー米肌

セラミドを自ら生み出す肌をつくる!

肌質改善コスメ

乾燥が毛穴の原因に!肌の弾力を取り戻す3つの保湿化粧品

米肌の感想は?使ってみた体験談>>


  • 米肌に配合されている「ライスパワーNo.11」が肌の水分を保つ力を改善
  • 肌内部の水分や空気中の水分を取りこみ、乾燥による毛穴の開きを抑える
セラミドは保湿効果、長時間の保水効果が最も優れている成分ですが、コーセーの米肌は、そのセラミドを自らの力で作れるように肌を改善していくコスメ。

さらに、「ビフィズス菌発酵エキス」で天然保湿因子を補い、「大豆発酵エキス」で肌の潤いをキープすることが可能です。肌そのものを潤いを創りだすように改善することができるので、乾燥による毛穴の開きの改善に効果的なのです。

また、米肌には美容成分の「乳酸Na」と「グリコシルトレハロース」も配合されているため、肌内部の水分や空気中の水分を取り込んで、みずみずしい肌になり、乾燥による毛穴の開きを抑えることができます。

使用感はみずみずし肌の奥まで水分が届くので、肌の調子があがった!と愛用者が多い保湿コスメです。

肌の奥からのハリ、乾燥による毛穴、吹き出物、くすみなどの肌トラブルに。
目的 保湿、小じわ予防、毛穴、吹き出物対策、低刺激
肌質 乾燥肌、普通肌、敏感肌、混合肌
愛用している年代 30代、40代、50代

セラミドを自ら生み出す肌をつくる!

乾燥が毛穴の原因に!肌の弾力を取り戻す3つの保湿化粧品


オラクル

肌本来の力を取り戻す!

時間をかけて肌力を鍛える保湿化粧品

乾燥が毛穴の原因に!肌の弾力を取り戻す3つの保湿化粧品

オラクルの感想は?使ってみた体験談>>


肌の表面だけでなく、肌の根本から潤いのある、毛穴の目立たない肌へと導く!
肌の内側へ水分、美容成分を浸透させて、ハリを導く基礎化粧品です。

オラクルには、ハリを与えるホホバ種子油、ツヤをもたらすダマスクバラ花水、潤いを保つクマザサエキオス、弾力を生み出すシラカバエキスなど、70種類以上の植物由来の成分が配合されています。それらのバランスの取れた成分によって、肌の表面だけでなく、肌の根本から潤いのある整ったハリのある肌に導くことができ、毛穴が目立たないようになります。

植物成分は、入っているから良いとは限りません。オラクルに使われる原料は、有機JAS認証を取得している北海道の自社農園で育てられています。原料にこだわり抜いているからこそ、植物の力を最大限に肌に与えることができ、乾燥による毛穴開きにも効果をもたらすことができるのです。

ひどく肌が乾燥している人の場合、最初の数回の使用ではやや保湿が物足らなく感じてしまうかもしれません。

しかし使い続けていく事で肌自ら潤う力を呼び覚まし、弾力のある肌へと導きます。1位の米肌同様、肌本来の力を高めるコスメ。
目的 保湿、しわ、たるみ、毛穴、シミ、ニキビ、吹き出物対策
肌質 乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌
愛用している年代 30代、40代、50代

時間をかけて肌力を鍛える保湿化粧品

乾燥が毛穴の原因に!肌の弾力を取り戻す3つの保湿化粧品



アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ

肌細胞にアプローチ!

顔立ちの印象を変えるドクターズコスメ

乾燥が毛穴の原因に!肌の弾力を取り戻す3つの保湿化粧品

アンプルールの感想は?使ってみた体験談>>


根本からの真皮ケアをかなえ、乾燥した毛穴に働きかける!
女性誌などでも取り上げられているドクターズコスメです。

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジには、細胞そのものの若さを保つといわれるGF(成長因子)が配合されています。GFとは、身体に元々備わっているたんぱく質のこと。細胞の成長や回復、修復や機能の正常化など、肌の生まれ変わりをつかさどる働きがあり、再生医療でも注目されている成分です。身体に備わっているGFは、加齢によって減少してしまうので、補うことで根本から老化をくい止めるエイジングケアが期待できます。毛穴が目立つ原因は加齢による乾燥ですから、根本的なアプローチとして効果的なのです。

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジには、他にも肌の幹細胞を活発化させて再生能力を高める植物幹細胞エキスも含まれています。また、細胞内に蓄積したストレスを浄化するセルフメンテナンスペプチドも配合されています。これらが細胞へ働きかけることにより、根本からの真皮ケアをかなえ、乾燥した毛穴にも効果をもたらすことが期待できます。

肌のハリをサポートするアンチエイジングケア対策用の化粧品で、加齢による肌の乾燥や弾力不足で頬の毛穴のたるみが出来てしまった人に。
目的 高保湿、しわ、たるみなどのアンチエイジング、低刺激
肌質 乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌
愛用している年代 30代、40代、50代

肌細胞にアプローチ!

乾燥が毛穴の原因に!肌の弾力を取り戻す3つの保湿化粧品

乾燥が危険!毛穴が開く一番の理由とは

「どうして毛穴は開くのかな?」誰でも一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

毛穴が開く大きな原因の一つに、肌の乾燥にがあります。

人間の身体は非常に賢いので、肌が乾燥すると、「肌を守るために潤いを与えよう!」と皮脂を出します。そしてその皮脂の過剰分泌が続くと、皮脂をたくさん出すために毛穴という出口をどんどん広げてしまうので、毛穴が目立ちやすくなるのです。

たとえば、入念に何回も洗顔した日ほど、なぜか毛穴が開いている気がする・・・という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

入念に洗えば洗うほど、本来肌を守るために必要な皮脂まで流してしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまっているのです。そして毛穴が広がるという悪循環を起こしてしまっているわけです。

また、過剰分泌された皮脂と角質などが合わさって酸化し、毛穴が黒ずんで目立ってしまうケースも非常に多いです。

毛穴開きの敵は、肌の乾燥による皮脂の分泌過剰。毛穴開きを防ぐためには、まずは肌に潤いをキープできるようなスキンケアをして、肌を乾燥させないようにすることが大切といえますね。

加齢も毛穴のたるみの原因!

「若いころは毛穴に悩まなかったのに・・・。」という人も多いのではないでしょうか?毛穴の開きやたるみは、年齢を重ねることによっても引き起こされます。

人間の身体は、年齢を重ねるごとに様々な衰えを感じてくるものです。

その衰えは体感しやすい体力だけではなく、気付きにくい身体の内部などにも現れているのです。

たとえば、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などは、身体に備わっている肌の潤い成分として有名ですが、これらは年齢を重ねるごとに減少してしまいます。

そのため、年齢を重ねるごとに肌の潤い・ハリが失われて乾燥し、たるみやシワが生じやすくなり、毛穴の開きをより目立ちやすくさせてしまうのです。

また、年齢を重ねることで表情筋も衰えてしまうので、肌が重力に負けやすい状態になります。そうなると、開いてしまった毛穴も重力に負け、楕円形に広がって余計に目立ちやすくなってしまうのです。

つまり、ある程度年齢を重ねてから毛穴の開きやたるみに対抗するには、若いころのような肌表面になんとなく潤いを持たせるスキンケアではなく、減少してしまう成分を補って肌そのものの力を取り戻すことを目的としたアンチエイジングも大切になるというわけです。

夏は特に気を付けて!乾燥毛穴は夏に要注意!

一年の中でも、実は乾燥毛穴に注意が必要なのが「夏」です。

それはなぜか・・・というと、皮脂の分泌量や紫外線などが関係しています。

高温多湿になる夏は、どうしても皮脂が出やすくなってしまうもの。毛穴という出口をどんどん広げてしまうことになるので、毛穴が目立ちやすくなってしまうのです。

それに加えて、汗や皮脂を取るために顔を拭くことも多くなりますので、必要以上の皮脂を取り、乾燥状態を作りやすくなります。そして乾燥が原因で皮脂が過剰分泌し、毛穴を余計に開かせてしまいます。

また、夏は紫外線が多いことでも有名です。

紫外線は肌の奥まで到達してしまうので、肌のハリや潤いを保つコラーゲンなどにもダメージを与えてしまいます。そうなると、顔のハリが失われ、毛穴がたるんで大きく目立ってしまうようになります。

しかも、紫外線は皮脂の酸化を促す影響があるため、毛穴の黒ずみも招いて目立たせてしまいます。そして、酸化が進むとターンオーバーが乱れ、角化が進み、角質肥厚という肌が盛り上がった状態になり、毛穴の開きを助長してしまうので注意が必要です。

それから、夏ならではの冷房や日焼けでも、肌が乾燥して毛穴開きにつながります。

このように、自然な生活をしていても、毛穴に悪影響を与えやすい季節が「夏」なのです。
乾燥毛穴に対抗するためには、これらの特徴を理解して対策を取りながらケアをしていくと良いでしょう。

乾燥毛穴は、その場しのぎのスキンケアはNG !

乾燥が毛穴に良くないことはお分かりいただけたと思いますが、ここで注意していただきたいことがあります。

乾燥毛穴は、その場しのぎのようなスキンケアでは対抗できないということです。

たとえば、「乾燥に特化していない普通の化粧水だけど、いつもより多めにつけたらいいかも!」と考えている人がいたら要注意ですよ。

その場合、つけたその時はしっとりして満足感を得られるかもしれませんが、実際は肌の表面を塗らしているだけで、肌内部まで対策できていないのです。時間が経てば元の肌状態に戻ってしまうことがほとんどです。

本当に乾燥から起きる毛穴開きに対抗するのであれば、肌の内部までしっかり浸透してキープできるようなスキンケア商品を選ぶ必要があるということを覚えておきましょう。

また、継続は必要不可欠です!

肌そのものの衰えが感じられる場合、せっかく効果的なスキンケアしても、中断するとすぐに元に戻ってしまいます。乾燥と年齢と戦うためには、必ず効果的なスキンケアを長く続けていくようにしましょう!

クレンジング、洗顔する際の注意点

効果的なスキンケアに変えたとしても、クレンジングや洗顔の仕方が悪いと足を引っ張ってしまう可能性があります。クレンジング・洗顔をする際の注意点をご紹介しておきますので、ぜひスキンケアとあわせて見直しをしてみてくださいね。

水温に注意

水温が低いと、洗顔で落としきれなかったメイクや皮脂などが毛穴に詰まり、毛穴が開いてしまいます。そうなると余計に乾燥しやすく、毛穴が目立ってしまいます。
クレンジングや洗顔の際は、ぬるま湯を使うようにしましょう。

洗い過ぎに注意

乾燥が起こる理由としてもご紹介しましたが、入念に洗おうとすればするほど、肌は乾燥しやすく、皮脂が過剰分泌して毛穴が広がりやすくなります。

洗顔の回数は朝晩の2回にとどめ、たっぷりの泡とぬるま湯で優しく洗い流しましょう。肌に必要な皮脂を残しておくことがポイントです。

スキンケアまでの時間に注意

洗顔してからスキンケアまで時間が開いてしまうと、肌の水分が急激に飛び、一気に肌が乾燥してしまいます。洗顔後は肌に潤いがあるうちに、スキンケアを始めるようにすることがおすすめです。

これらに気を使うことで、より乾燥毛穴に効果的なスキンケアができると思います。ぜひ洗顔にも注意して毛穴レスな肌を目指してくださいね。