ヒト型セラミド 化粧品

人気のセラミドといえば「ヒト型セラミド」!肌力アップに必須です

 

肌が乾燥したり、敏感になってヒリヒリするのはバリア機能が低下しているからです。そこで、保湿の高い「セラミドを補いましょう」とよく言われますよね。

 

 

でも、セラミドにも種類があることを知っていますか?

 

セラミドは4種類にわけられる
  1. 動物の脳やせき髄から抽出された天然セラミド
  2. 酵母を元に人間の肌と同じ構造で作られたヒト型セラミド
  3. 米やこんにゃくなど植物から抽出された植物性セラミド
  4. 石油原料から合成された疑似セラミド(合成セラミド)

 

セラミドの中でも断然おすすめなのが「ヒト型セラミド」!

 

人間の肌と同じ構造なので、肌馴染みが抜群!保湿力に優れているだけでなく、肌のバリア機能強化もしっかり果たしてくれるので、アトピーで肌荒れがひどい方も改善に導いてくれます。

 

他のセラミドのようにアレルギーを起こす心配はありません。

ヒト型セラミドの種類と効果

人気のセラミドといえば「ヒト型セラミド」!肌力アップに必須です

 

ヒト型セラミドは2017年現在で12種類あると言われています。セラミドの後ろには数字がついていて、種類によって番号が変わり、働きも違います。

 

なお、最近ではヒト型セラミドの表記が変わりつつあり、全てが数字というわけではなくなってきました。以前は発見された順につけられていた数字が、アメリカの構造式の略字(英語)が当てはめられ、セラミドの後ろにはアルファベットがついている商品もあります。

 

今も旧式で表記されているものもあるので、ヒト型セラミドかどうかは、「セラミド+数字」または「セラミド+アルファベット」をチェックしてくださいね。

 

主なヒト型セラミドの旧表示と新表示と、その働きは次の通りです。

旧表示 新表示 働き
セラミド1 セラミドEOP 水分を保持し、バリアの層をつくる。
セラミド2 セラミドNSまたはセラミドNG 人間のセラミドに最も多く含まれ、水分保持機能が高い。
セラミド3 セラミドNP 水分を保持する。
セラミド4 セラミドEOH バリアの層をつくる。
セラミド5 セラミドAS バリアの層をつくる。
セラミド6、6U セラミドAP ターンオーバーを促進し、水分保持機能に優れている。

 

化粧品にはヒト型セラミド以外の成分も配合されていて、相乗効果が期待できるので、セラミドの種類に神経質にならなくても大丈夫です。ヒト型セラミドの種類は、あくまで参考程度にとどめておいてくださいね。

 

ヒト型セラミド配合のおすすめ化粧品ランキング!

 

エトヴォス/モイスチャーライン

どんな保湿化粧品でも潤い不足だった人に!

人気のセラミドといえば「ヒト型セラミド」!肌力アップに必須です

商品ラインナップ

  • クリアソープバー(洗顔)
  • モイスチャライジングローション(化粧水)
  • モイスチャライジングセラム(美容液)
  • モイスチャライジングクリーム(クリーム)

ヒト型セラミドの種類

  • クリアソープバー:セラミド2、3、6U
  • モイスチャライジングセラム:セラミド1、2、3、5、6U
  • モイスチャライジングクリーム:セラミド1、2、3、5、6U

その他の保湿成分

グリセリン、リピジュア、シロキクラゲ多糖体、ジグリセリン、グルコシドセラミド、ヒアルロン酸、天然保湿因子、植物プラセンタエキス、ヒドロキシプロリン、スクワラン、ホホバオイル、シアバター、マカダミアナッツ油、メドウフォーム油など

肌がヒリヒリするほど乾燥して辛い…という方におすすめなのが、エトヴォスモイスチャーラインです。モイスチャライジングローション以外には、全て複数のヒト型セラミドを高配合していて、その数は最大で5種類という圧倒的な多さ!

 

モイスチャライジングローションは、水と相性の良いグルコシルセラミドを使い、こちらも実は隠れたバリア機能アップ役!人間の角質層の下に存在していて、細胞同士をくっつける役割があるため、ヒト型セラミド同様、肌馴染みが良くて刺激がありません。

 

その他の保湿成分も、セラミドと相性の良いヒアルロン酸やリピジュアなどをたっぷり使用しているので保湿力は抜群です。リピジュアは、ヒアルロン酸の2倍の保水力があると言われる成分なんですよ。

 

また、ライン使いすることで、天然保湿因子やホホバオイルに含まれるワックスエステルも補えるので、セラミドと合わせてバリア機能の3大トリオを味方につけられます。どんな保湿化粧品でも効果が感じられなかったという方でも、潤いのある肌を実感できるはず!

 

石油系の界面活性剤や鉱物油などを一切使用していないので、肌が敏感になっているときでも安心して使えますよ!

人気のセラミドといえば「ヒト型セラミド」!肌力アップに必須です

 

ディセンシア/アヤナス

ストレスや睡眠不足で老けてみえる人の保湿対策に!

商品ラインナップ

  • アヤナスローションコンセントレート(化粧液)
  • アヤナスエッセンスコンセントレート(美容液)
  • アヤナスアイクリームコンセントレート(アイクリーム)
  • アヤナスクリームコンセントレート(クリーム)

ヒト型セラミドの種類

全アイテム:セラミド2

その他の保湿成分

グリセリン、ジグリセリン、ナタネ種子油、オーガニックリフトオイル、パルマリン、ジンセンX、ビルベリー葉エキス、コラーゲンを生成するCVアルギネートなど

寝不足やストレスで肌が荒れることってありますよね。それは、血行不良で皮膚が冷えてバリア機能が低下しまうからです。

 

ゆっくり休んでストレスを解消できたら良いですが、忙しい現代女性にはなかなか難しく、化粧品で何とか改善したいと思う方も多いのではないでしょうか?でも、敏感になっている肌はいつもと同じ化粧品でもしみることが多く、何を使えば良いのか迷うもの。

 

そこで、ストレスや睡眠不足で肌荒れをしている方におすすめなのが、ディセンシアのアヤナスです。

 

血行不良→肌冷えの際、皮膚バリアに正常な角質が作れない状態です。そのためひどい乾燥肌になったり肌荒れになってしまうんですね。

 

この正常な角層を生み出すのに必要な、タイトジャンクションというバリア機能の1部分を活性化する成分がアヤナスには配合されています。

 

タイトジャンクションがしっかりしていると、肌荒れしにくくなり、乾燥もしづらく!

 

さらにディセンシアは敏感肌用ブランドなので、肌荒れしているときでも安心して使えるほど低刺激です。

 

炎症を鎮めるコウキエキスで肌荒れを改善すると共に、ナノ化されたヒト型セラミドがしっかり浸透し、独自の技術で水分を逃さない膜を張ってくれるので、潤いが持続します。

 

また、外側からのケアだけでなく、リラックス効果のある香りで、内側からも癒しを与えてストレスを緩和してくれます。

 

バリア機能の低下がもたらす肌老化をストップさせる成分も配合していて、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す効果もあるので、小じわやくすみ対策にもおすすめです。乾燥が原因で老けて見えるとお悩みの方は、ぜひ試してみてください。

 

富士フイルム/アスタリフト

肌のハリ不足専用!保湿化粧品

人気のセラミドといえば「ヒト型セラミド」!肌力アップに必須です

商品ラインナップ

  • ジェリーアクアリスタ(先行美容液)
  • モイストローション(化粧水)
  • エッセンスデスティニー(美容液)
  • クリーム

ヒト型セラミドの種類

ジェリーアクアリスタ:セラミド1、3、6U

その他の保湿成分

グリセリン、アスタキサンチン、リコピン、コラーゲン3種、CLリフレッシャー、ヒアルロン酸、プテロスチルベン、ローヤルゼリー、エラスチン、メマツヨイグサ種子エキスなど

潤いも欲しいけど、しっかりとしたエイジングケアをしたいという方におすすめなのが、アスタリフトです。ヒト型セラミドを配合しているのは、ジェリーアクアリスタだけですが、種類の違うヒト型セラミドがナノ化されていてしっかり浸透します。

 

また、保湿力と抗酸化作用の高いアスタキサンチンやリコピンも配合。アスタキサンチンは抗酸化作用の高いことで有名なコエンザイムQ10の1,000倍、リコピンはビタミンEよりも100倍の効果があると言われていて、肌老化の原因となる活性酸素を除去するには心強い味方です。

 

さらに、分子量の異なる3種類のコラーゲンを配合しているので、ヒト型セラミドとの相乗効果で潤いがアップ!コラーゲンは分子量が大きいと浸透しないと言われていますが、アスタリフトにはその心配がありません。

 

潤いと共に美白やシワ、たるみの予防もしたいなら、絶対にアスタリフトがおすすめです。

人気のセラミドといえば「ヒト型セラミド」!肌力アップに必須です

 

小林製薬/ヒフミド

人気のセラミドといえば「ヒト型セラミド」!肌力アップに必須です

商品ラインナップ
マイルドクレンジング(メイク落とし)

  • ソープ(洗顔)
  • エッセンスローション(化粧水)
  • エッセンスクリーム(クリーム)
  • UVプロテクトベース(日焼け止め)

ヒト型セラミドの種類

  • マイルドクレンジング:セラミド1、2、3
  • ソープ:セラミド1、2、3
  • エッセンスローション:セラミド1、2、3
  • エッセンスクリーム:セラミド1、3
  • UVプロテクトベース:セラミド1、2、3

その他の保湿成分

グリセリン、ジグリセリン、アルテア根エキス、ゼニアオイ花エキス、加水分解ローヤルゼリータンパク、リピジュア、スクワラン、セルロースガム、ダイズステロール、ナットウガム、ホホバ種子油、グルコシルセラミド、キハダ樹皮エキス、天然保湿因子、マカデミア種子油など

ヒフミドは、洗い流すクレンジングやソープ、日焼け止めにもヒト型セラミドを配合していて、朝から晩までセラミドを補うことができる珍しいラインです。しかも、低刺激にこだわり、赤ちゃんでも使えるほどの優しさなんです。

 

人の肌の中でも最も多く占めるセラミド2を4%も配合し、リピジュアやスクワランなどの保湿成分も加わって潤いは抜群!

 

エイジングケアができる特別な成分が含まれているわけではありませんが、日頃から保湿力とバリア機能を強化することで肌の老化予防ができるので、乾燥が気になり始めた方におすすめです。

 

人気のセラミドといえば「ヒト型セラミド」!肌力アップに必須です
 

ヒト型セラミド以外も!セラミドの種類について

セラミドにはヒト型セラミドの他にも種類があります。

@天然セラミド

天然セラミドは動物の脳やせき髄から抽出されたもので、現在は主に馬由来のものが使われています。私達と同じ動物同士ということもあり、人間の肌にも存在するセラミドが複数含まれていて肌馴染みが良く、セラミドを増やす働きもあります。

 

ただし、効果は高いのですが、人によってはアレルギーが出ることがあります。また、価格が高いので、化粧品に配合して効果が得られるほどの配合量だと割高になってしまうことも。

  • 化粧品の表記:ウマスフィンゴ脂質、ビオセラミド、セレブロシドなど
  • 代表的な化粧品例:アルージェ、ナチュラルウェブ/天然セラミド化粧品ATPシリーズなど

 

Aヒト型セラミド

酵母を元に人間の肌のセラミドと同じ構造で作られたもので、天然セラミドよりも肌馴染みが良くて保湿力に優れ、セラミドを増やす働きもあります。刺激が少ないので誰でも使えます。

  • 化粧品の表記:セラミド1、セラミド2、セラミド3など
  • 代表的な化粧品例:エトヴォス/モイスチャーライン、ディセンシア/アヤナスなど

 

B植物性セラミド

米やこんにゃくなどの植物から抽出されたセラミドで、保湿力はあるものの、人間の肌とは構造が違うので、肌馴染みが良いとは言えません。また、人によってはアレルギーが出ることもあり、天然セラミド同様に注意が必要です。

  • 化粧品の表記:植物性セラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質、加水分解こんにゃく根など
  • 代表的な化粧品例:モーニュ、セラクレアなど

 

C疑似セラミド

石油原料を合成し、セラミドに似せて作られたもので、実際にはセラミドではありません。効果では他のセラミドよりも劣りますが、大量生産ができるので安価です。ドラッグストアでも売られているものも多く、お手頃価格で誰でも取り入れやすいというメリットがあります。

  • 化粧品の表記:ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなど
  • 代表的な化粧品例:キュレル、ソフィーナボーテなど

 

 

効果の面、使いやすさの面、アレルギーの有無を考えると、最もおすすめなのはヒト型セラミド!

 

保湿を頑張っているつもりでも肌がすぐ乾く
同年代より老けて見える

 

という方は、ぜひスキンケアにヒト型セラミドを加えてみてください♪


ヒト型セラミド配合のおすすめ化粧品ランキングへ戻る>>